車、バイクのこと・廃車の情報ならRUNROADにおまかせ!

車・バイクの起源
車関連用語集
バイク関連用語集
バイク基礎知識
リンク集
コンテンツメニュー
中古車メリット・デメリット
中古車の選び方
中古車購入の流れ
バイク買取の流れ
車・バイクを高く売る方法


車・バイクの起源

バイクの起源について

バイクの起源、バイクの誕生についてお話してみましょう。もともとバイクは、蒸気機関のエンジンを積んだオートバイがその始まりだといわれています。このオートバイは、1873年のウィーン万博にも出品されたという歴史が残っています。

内燃機関エンジンを搭載したオートバイは1855年、ダイムラー社によって原型が作られたようです。

自転車にエンジンをつけたモペッドとよばれるオートバイの原型は、1903年、ウイリアム・ハーレーとアーサー・ダビッドソンが製造した。
馬車などよりも機動性があるオートバイは社会に一気に浸透し、世界大戦などでは、指揮官の移動手段としても使われていたらしいです。



日本初のオートバイは、1908年にまでさかのぼる。
これは、自転車にエンジンを取りつけたもので、単気筒、4サイクル、400CC型でした。
戦後になると、余った軍需資材などを使用し、いくつかのメーカーからオートバイが発売されました。

道路が整備されて自動車が普及するにつれ、オートバイ市場は頭打ちとなり、一般的には、趣味の乗り物としても利用されるようになってきました。
一方、機動性の高さを生かした、救急や消防用のバイク、白バイやバイク便などとしても利用されています。今後のバイクの活躍にも期待が高まります。もちろんバイクだけでなく、ポルシェなどの高級車についても要チェックです。ポルシェを購入したら立体駐車場の綿半のような駐車がしやすい場所に止めることをお忘れなく。

このサイトではバイクの歴史はもちろん、バイクの売買や選び方・廃車の事などを紹介しています!!

日本の車の起源について(年表)

1907

国産初のガソリン自動車ともいえる、タクリー号が完成。

1925

横浜に日本フォード社が設立。

1926

ダット自動車製造(現日産)が設立。

1927

大阪に日本GM社が設立。

1934

ダット自動車製造、今の日産自動車に改称。

1937

トヨタ自動車工業が設立。

1950

トヨタ自動車工業が設立。

1951

大阪発動機製造がダイハツ工業に改称。

1954

日本発の自動車ショー「第一回全日本自動車ショー」(現東京モーターショー)が開催。

1960

日本で初の外車ショーが開催。

1964

三菱自動車工業が設立。

1974

日本フォード社が設立。

Favorite

人気カラコンの度あり

ウエディングブーケ専門店ジェイダイトフラワー

結婚式 服装